UNITEHOUSE

100年使える
シンプルデザインの「箱の家」

- ユニテハウスブログ -

ユニテハウス各店の見学会やイベント情報を発信!

ユニテハウス山形
山形県山形市

好きなものに囲まれて暮らす、 セカンドリビングのある家。

2015年10月22日



佐々木様ファミリーはご夫婦と1歳のお子さんの3人家族です。2015年7月宮城県仙台市にユニテハウスを新築されました。仙台市は約105万人の政令指定都市で、佐々木様邸周辺は仙台市のベッドタウンとして栄える、商業施設も充実したエリアです。
前面道路は6.3m、北東角地でありながらも南面に6mのプライベートガーデンを設け日当たり良好です。
建物の間口は9.1m(5間)、奥行き7.28m(4間)、敷地面積77.75坪、延床面積39.58坪。
3台の駐車スペースもあり、ゆとりのある敷地に建築したユニテハウスです。ご夫婦にお話を伺いました。

 

持ち家か、分譲マンションか・・・


《旦那様》結婚してから、わたしが住んでいた2DKのアパートに二人暮らしを始めました。お互い「子どもが生まれたら、家が欲しい」と考えており、分譲マンションという選択肢ははじめからありませんでした。
子供のことを想うと、広くてのびのびと暮らせる持ち家がいいなと考えていたからです。新婚旅行を終え、ほどなくして赤ちゃんを授かりました。出産すると何かと大変だろうと思い、妊娠中から住宅展示場をまわり情報収集をはじめました。


▲20帖のLDKはナチュラルテイストのIKEAやACTUSの家具で統一感のあるコーディネートをされています。キッチン脇からすぐに洗面脱衣室、バスルームに通じるドアがあり、家事導線がスムーズです。LDKの出入り口は二ヶ所設けており、奥の和室への行き来がしやすく、また通風も良い設計です。

 

大手ハウスメーカーと打ち合わせ


《旦那様》何社か見学しましたが、最初にいいなと思ったのは大手ハウスメーカーでした。具体的にプランの見積もりなど話を進めていったのですが、予算に合せたプランを提示され、なんとなくしっくりきませんでした。おそらく豪華な展示場を見た後で、物足りなさやギャップを感じてしまったんですよね。それにデザインテイストも好みとは少し違うなとも思っていました。
土地の提案も受けましたが、情報を集めて持ってくるだけといった感じでした。早く決めて欲しいというプレッシャーとやっつけ感があったので、一旦白紙に戻すことにしました。
ユニテハウスに出会ったのはこの後のことです。

 

ユニテハウスとの出会い


《旦那様》泉パークタウン展示場を見かけ、気になったので、のぼりに書いてあった「UNITE」の文字を頼りにネットで検索し、その後訪問しました。はじめて見た時は室内がとても明るくて、外観のテイストも好みだと感じました。

インテリアコーディネートは実際の生活をイメージできて良かったです。展示場だから高いのだろうと予想していましたが、現実味のある金額だったことが好印象でした。背伸びしなくてもこの生活が手に入るんだという実感を得られたことで、具体的な話へと進んでいくことができました。


▲奥様の兼ねてからの希望で外国のようなコの字型キッチンを実現しました。キッチンボードとフローリング、家具の色を合わせることで、落ち着きのある優しい雰囲気を醸し出しています。縦長のスリット窓は、風は通しながらも外からの視線を適度に遮る効果があるので安心感があるそうです。

 

営業マンとの信頼関係


《旦那様》営業担当になってくれた工藤さんは、本当に熱心に土地探しをしてくれました。すべての土地を目で確かめてきてから提案してくれました。土地のメリットデメリットの説明を受けた後で現地を確認しに行ったので、実際に見た時の違和感が全くありませんでした。
あるとき私たちがよさそうな土地情報を見つけ、工藤さんに報告すると「その土地は私も確認してきましたが、提案するに値しない土地だと判断したのでご紹介しませんでした」とはっきり言ってくれたんです。この時、親身になってくれているなと感じました。
打ち合わせの途中、出産後数ヶ月話をストップしていましたが、その間も寄り添い待っていてくれた工藤さんに信頼関係を感じ、新築へと進んでいきました。

 

建築地を選んだ理由


《旦那様》10以上の土地を見て回りました。周辺環境の良さが気に入り、建築地を選びました。
高速のインターまでほど近く、妻の実家へ帰省の際などとても便利なことや、通勤でバスを使うので、バス停が近いことも良かったです。
周辺に商業施設が充実しているので、お買い物も便利です。将来子供の通うであろう学校の評判も良いということで、納得して土地を決めることが出来ました。


▲2階のフリースペースは、展示場を参考にセカンドリビングとしました。可愛らしい家具を配置し、ホッと和める空間となっています。洗濯物干しスペースも兼ねているので、乾いた洗濯物はここで畳むことができて効率的です。

ユニテハウスのいいところ


《奥様》ユニテハウスはまずデザインが気に入っています。道路からよく見える外観の窓はバランスにこだわってつけてもらいました。
S&I設計で間取りの変更が容易な面も魅力です。2階の子供部屋を予定しているところには、あえて収納を付けませんでした。将来つけてもいいし、家具で補ってもいいからそうしました。家はいつも明るく、風通しがいいので快適です。最近活発になってきた子供は、楽しそうに活動しています。下部に付いた窓は好奇心をくすぐるようで、たまに外を見ながら何かお話ししていることがあります。今はまだ子供が小さいので一緒に寝ていますが、大きくなったら二階に子供部屋を設ける予定です。


▲旦那様の休憩スペース、DEN(書斎)は主寝室に設けました。趣味の本を読んだり、パソコンで仕事をしたり、ネットサーフィンをしたり・・・。一人静かな時間を過ごすには、このようなスペースがあるといいですね。

佐々木様、本日は誠にありがとうございました!

資料請求はこちらから-
ページトップへ戻る