耐震性

01tec01

 

 

強さの秘訣は「モノコック構造」

 

北米生まれの「ツーバイフォー工法」は、日本古来の「軸組工法」とはまったく異なる考え方の建築工法です。もっとも大きな違いは、建物の支え方です。軸組工法では「柱」や「梁」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では構造用製材で作った枠組みに構造用合板を貼り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。つまり軸組工法は「線」で、ツーバイフォー工法は「面」で、建物を支えているわけです。  両者の違いは実際の建築現場を見ると、さらによくわかります。軸組工法はまず線(柱や梁)で家のカタチをつくり、その後さまざまな資材を使って壁や屋根を作っていきます。一方、ツーバイフォー工法は床・壁・屋根が初めから面としてつくられ、その面で箱(六面体)をつくるように家をカタチづくります。この六面体を一単位として空間を構成するモノコック構造は、スペースシャトルや新幹線、フォーミュラ・ワン(F1)にも採用されているもので、この構造を住まいに用いることで高い耐震性を実現しています。

 

01img01    01img02

 

 

ツーバイフォーは床が強い  

 

01img02-2面材のみで構成された剛床の場合、水平力(地震や風圧で生じる横向きの力)によって引き起こされる力により変形が大きくなってしまい、力を建物全体へと伝えることができません。しかしモノコック構造の各面は、強い剛性をもつ面材と枠組材を釘で一体化させた、「ダイアフラム」と呼ばれる強固な立体盤面。床をつくる水平ダイアフラムが、加わる力を各所に分散させて外力に抵抗し、ネジレを防ぎます。そして、壁を形成する垂直ダイアフラムは、水平ダイアフラムから伝わる力、あるいは上下方向の力を分散して基礎へ伝達し、建物の変形や倒壊を防ぎます。

 

 

スペーサー

tech2-01

 

スペーサー

地震大国日本  

 

地球の表層はプレートと呼ばれる堅い板のような部分でできており、そのプレートは移動し、プレート同士で押しあいを繰り返しています。(プレートテクトニクス)そのため、プレート内部やプレート間の境界部には、力が加わり歪みが蓄積しています。この歪みが限界を越えたとき、岩盤の一点から破壊がはじまり、急激に岩盤がずれて歪みを開放しはじめます。これが地震のはじまりです。日本は4つのプレートが交わる場所に位置しており、現在でも活発にエネルギーの蓄積と開放を繰り返しています。地震大国と言われる理由はここにあります。

 

 

スペーサー

koutaisin_kiso

 

スペーサー

住まいを支える基礎  

 

01img03地震で地面が揺れたとき、まず、その振動が伝わるのは基礎です。この振動によって基礎が曲がったり折れたりしてしまっては、建物事態が壊れてしまいます。また、6面すべてで力を分散するモノコック構造の場合、水平ダイアフラムに加わった風圧力は垂直ダイアフラムに伝わり、最終的に基礎から地面へと伝達するのです。地震・台風に強い住まいのためには、何よりも基礎が強くなくてはいけません。

 

 

スペーサー

tech2-02

 

スペーサー

ユニテハウスの基礎  

 

tec02ユニテハウスの基礎は、第三者機関JIOの厳しい品質施工検査に合格したきわめて信頼性の高い基礎です。また、コンクリート強度においては、土間は21N/〝(冬期間 24N)、立上りは24N/〝(冬期間 27N)としております。加わった力を基礎全面で地中に伝えることができる「ベタ基礎」を標準仕様にしております。

 

 

スペーサー

tech2-03

 

スペーサー

基礎・地盤の専門家達  

 

tec03ユニテハウスではスタッフによる一貫した基礎施工を行っております。基礎の専門家が社内にいるため、高度な技術を安定してご提供できます。また、良い基礎を作るにはきちんとした地盤調査は欠かせません。ユニテハウスでは第三者機関による調査・解析を行い、土地状況に応じた基礎補強工事・地盤改良工事を行います。

 

 

スペーサー

 7safe

スペーサー

01a02a03a04a

05a

06a07a

スペーサー

request03