時を重ねて培った暮らし

01

 

住宅の周囲は庭とウッドデッキ、そしてドッグランで囲まれ、耳を傾けると敷地の隣に流れる用水路から川のせせらぎのようなやさしい音が聞こえてきます。早速アーチをくぐり抜けて玄関を入ると、そこに広がっていたのは琉球畳とバリ風の家具。藤木さん一家が暮らすその家は、まさにバリのリゾートとも言えるようなとてもこだわりのある造りになっていました。

 

キャプション01

 

藤木さんがユニテハウスで家を建てたのは今からちょうど6年前。

ユニテハウスも県内での施工件数が増え、知名度も上がってきた頃のことでした。もともとは同じ市内のアパートに暮らしていた藤木さんでしたが、お子さんが成長し手狭に感じてきたことや、下のお子様が中学に入学するタイミングで学区もあまり関係なくなってきたのを機に、引っ越すことを決意。新築するための土地探しをするか、それとも中古住宅をリノベーションして暮らすか迷っていたときに、今の土地に出会い、ユニテハウスでの施工が決まりました。

 

(ご主人)「当時、若い方々がユニテハウスでばんばん家を建てているというのを聞いて、若い方からこんなにも支持されるには何か理由があるはずだと思い、会社を訪れてみました。その時の印象は、社員教育がとても行き届いていて、安心して長くお付き合いが出来るなということ。営業の佐藤さんにもすごくご縁を感じ、ユニテハウスで家を建てることを決めました」

 

(奥様)「家を建てる前から、さまざまな家具や雑貨を揃えていたので、それに合った家にしたいと思っていました。ユニテハウスさんはオーダーメイドで建築をお願いしたときのコストもそれほど高くなく、リーズナブルに建てられるのが魅力だなと思いました」

 

03

 

 

キャプション02

 

家づくりで藤木さん夫妻が特にこだわったのは、「自然に囲まれていたい」ということ。家族が集まるリビングには何種類もの観葉植物が並べられ、壁には蔦が這っています。ウッドデッキから続く庭にもたくさんの木や草花が植えられており、自然の中でご家族やご友人たちとゆったりと過ごす藤木さんの姿が目に浮かぶよう。おまけに、リビングの床は畳敷きになっていて、光あふれる開放的な和の空間の中に、穏やかな時間も楽しめるようになっています。

 

02

 

(ご主人)「畳はゴロンと寝転がったときにとても気持ちがいいです。冬場もひんやりしないですし、畳の上に余計なものを置かなくなったので部屋が広く使えるようになりました」

 

(奥様)「毎朝の水やりは主人と私の日課になっています。植物も子育てと一緒で、愛情をもって接すれば素直に育ってくれるし、元気をもらえます」

 リビングから廊下を挟んだお部屋はキッチン&ダイニング。こちらは奥様のこだわりがたっぷりと詰まっています。

 

 (奥様)「子供が大きくなるに連れて生活時間がバラバラになることが多かったので、思い切ってリビングとダイニングを分けてメリハリをつけました。料理の匂いなども気にならなくなりましたよ。そうそう、ダイニングに続くデッキもあるんです。リビング脇のデッキとは日当たり加減が異なるので、気分で使い分けています」

 

リビング側が「バリ風」だとすれば、ダイニング側は「カフェ風」。それなのに一軒の家としての違和感がないのは、お二人のセンスの良さでしょう。

 

(ご夫妻)「家具や雑貨を買うときは、必ず二人で相談してから買うことにしています。『これはあそこに置くといいかもね』『いや、これはちょっと雰囲気が違うんじゃない?』という感じにね」

 

06

05

 

藤木さんがもう一つこだわったのが、各寝室に備え付けられている“ポール”。

奥様の夢が“すべり台のある家”だったことから派生して導入されたポールですが、各部屋ともベッドがロフトにあるために、ロフトから降りてくるときに使うのだとか。

 (ご主人)「ほら、こんな風に足を絡ませて降りてくるんですよ。」と実演してくださいました。

 

 

 

キャプション03

 

 

さて、ご夫妻のこだわりがたっぷりと詰まった藤木邸ですが、これからどんな暮らしになっていくのでしょう。

 

(ご主人)「最初からすべてが揃っていたわけではなく、年数を重ねるにつれて自分たちの暮らしに合わせてどんどん快適になっていきました。私たちの要望をたくさん聞いてくださったユニテハウスさんには本当に感謝していますし、ぜひ知り合いにもおすすめしたいです」

 

 (奥様)「国道から近いこの場所でも、車が通らないこの場所はとても静かで、デッキに出れば水の音が聞こえてきて本当に安らぎます。あと数年もすれば、子供たちが巣立ち私たち夫婦だけになるかもしれませんが、庭の手入れをしたりアウトドアリビングを楽しんだり、のんびりゆったり自然を感じながら暮らしたいです」

07

年齢を重ねてもご夫妻にとって住みよい家であるために施されたたくさんの工夫が、これからの暮らしをますます彩りのあるものにしていくのだと感じた今回の取材。

これから暮らしの可能性を垣間見ることが出来ました。藤木さん一家の皆さん、ありがとうございました!

 

 

この記事をシェアしますか?Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone
ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!