相手への愛心が伝わる歯医者さん

画像01

 

キャプション01

 

歯科医である笹原さんが「さくらんぼ歯科クリニック」を開院したのは2017年4月のことでした。もともとは天童市生まれの笹原さんでしたが、高校卒業後に首都圏へと進学、大学卒業後はそのまま首都圏で歯科医としての経験を重ねていました。

 

(笹原さん)「歯科医として積んだ経験を、いつかは地元山形に戻って役立てたいと思ってはいましたが、正直こんなに早くその時期が来るとは思ってもいませんでした」

 

笹原さんがUターンをして独立開業するきっかけとなったのは、建築士の資格を持っているお母様の後押しがあったことと、都会の忙しない環境の中で患者さんと向き合うよりも、広さも時間ももっとゆとりをもって患者さんと接したいという笹原さんの想いが重なったことがはじまりでした。

 

(笹原さん)「以前の職場は、都会ということもあってとても窮屈な感じがあったのですが、こちらは広い敷地の中でも無駄に面積を広げることはせず、効率よく動ける広さにすることが出来ました」と話します。

 

キャプション02

 

歯科医院を開業するにあたって、笹原さんが一番こだわったのは、スタッフの動線と患者さんの動線を明確に分離し、お互いが心地よく且つスタッフが効率よく作業が出来るように考慮した「動線分離」。バックヤードにあるキャビネットなどはオリジナルでオーダーをしたり、3部屋ある診察スペースは、少し高めのパーテーションで仕切り患者さん同士のプライバシーを確保したりと、一軒家を建てるのとはまた異なる工夫が施されています。

 

画像02

画像06

 

(笹原さん)「主に神奈川と山形の遠隔地でのやり取りでしたが、月に1~2回は山形に来て直接の打合せを重ね、構想から約1年をかけてこの歯科医院をオープンすることが出来ました」

画像05

 

患者さんに安心感を与え、いかに寛いでいただけるか――

 

そうして出来た「さくらんぼ歯科クリニック」は、まるで笹原さんの人柄が表れているよう。

外観はどこかユニテハウスの趣を残しつつも、歯科医院らしい清潔感と安心感がある佇まいになっており、トイレは車椅子の方でも楽に入れるようゆったりとしたレイアウトに、また待合室に併設されたキッズコーナーには角のあるインテリアを置かないなど、どの世代の方にも優しい造りになっています。

 

(笹原さん)「若い方から年配の方まで広い世代の方に支持されているユニテハウスさんのアイディアやアドバイスがあったからこそ、ここまで満足の出来る仕上がりになりました。

2×4工法にはだいぶ悩まされましたけれど…(苦笑)。スタッフや歯科医の友人たちからも評判がいいんですよ」と嬉しそうに話してくださいました。

 

ユニテハウスとしても珍しい店舗設計でしたが、一般住宅を設計するときとはまた違った視点を持ち、“町のランドマークとなるような、親しみのあるデザイン”、“出入りする人のことを考えた駐車場スペースや間取り”、そして“ユニテハウスが持つ6つのコンセプト”が活きた建物となりました。

 

笹原さん、このたびはお忙しいところご対応いただき、ありがとうございました!

 

 

【さくらんぼ歯科クリニック】05

住所/山形県寒河江市元町4-11-22

電話/0237-84-0078

受付時間/午前の部9:30~13:00

    午後の部14:30~19:00

休診日/木曜午後・日祝日

 

 

この記事をシェアしますか?Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone
ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!