新しい家と新しい家族を迎えて

2017年11月に山形市五十鈴で新築を建てられた山田様のお宅にお邪魔しました。今年3月に誕生された赤ちゃんとお出迎えしてくださり、とても貴重なインタビューをさせて頂きました。

余白

IMA_9814 IMA_9818

▲正面向かって左は緑の天然芝が美しいフロントガーデン。
▲外壁はネオホワイトのガルスパンですっきり爽やかに。

余白

voice_yakuwa_01

余白

 新しい家を建てたい!と思われた時、ご主人は独身でした。チラシを眺めて、何としても家を建てたいという気持ちが強くなる中、奥様とのご結婚が決まりました。ご夫妻はこれを機に家を建てようとついに決意されました。

 

 そんな時、ご主人のお仕事の都合で、翌年には山形を離れ単身赴任となることが決定。そのため年末までに家を完成したいと、ハイスピードで計画されたご主人、本格的な土地探しが始まりました。

余白

IMA_9779
余白

奥様のご実家が山形市五十鈴だったこともあり、近辺で土地を探し始めた頃、当社のチラシがお住まいのアパートにポスティングされたのをご覧になりました。その内容がご主人の希望通りの場所と予算だったことから、早速、ご主人主導で新築計画がスタートしました。

 

新築計画ではプラン等の打ち合わせもスムーズに進み、契約から完成に近付いていく度、胸がときめいたことは忘れもしませんとご夫妻。担当営業の須田が「短期間で完成させましょう!」とご家族の事情にスピー合わせてくれたことに感謝しました、とお言葉をいただきました。

 

また打ち合わせを繰り返す中、須田から住宅の事だけではなく、今後の生活に対しても具体的なアドバイスを受け、理解が深まると共に信頼関係を築けた貴重な時間となったそうです。

 

 

余白

voice_yakuwa_01

余白

 完成したご自宅を見に行った時は、想像以上のクオリティーで感動したとおっしゃるご夫妻、思わず「わぁー!」と声が出てしまったようです。夢に見たマイホームが希望通りに実現できて、本当に良かったと話すご主人。

また奥様に新築のことでお聞きすると「ほとんど打ち合わせやプランは主人に任せっきりでしたが、何一つ不満はないです」と笑顔でお話くださいました。頼りになるご主人にお任せした結果、奥様も完成したマイホームを見て、本当に嬉しかったとの事。

 

 

 

 引っ越しをされて初めての冬を過ごされた、ご感想をお聞きしました。ご主人は「エアコン1台でもいいぐらい、寒さを感じなかった!」と快適に過ごされていたご様子。また奥様は光熱費が以前住んでいた時よりも安くなったと、ご夫妻で気密性の高さに気づいていただきました。

 この3月に赤ちゃんが誕生し、ご家族が増える喜びと、新築生活が始まるドキドキ感で胸が高鳴ったと振り返られます。

 ご主人は週末、または月に数回ご自宅に戻られる生活ですが、家に帰るのが本当に楽しみだと嬉しそうにお話されていました。ユニテハウスに住んで新たな人生をスタートされた山田様。ご家族の大切さを実感され、毎日がとても充実していらっしゃるそうです。

 

 

voice_yakuwa_01

余白

IMA_9786 IMA_9800

▲日当たりを考えた家族のベットの配置。日当たりが抜群の寝室。
▲壁紙を白にすることによって、すっきりと明るい階段スペースに。

 

 ご主人が一番こだわったのは配色でした。「シンプルイズザベスト」で、飽きることのない配色で普段使いのできる色、心地良さを引き立てる「白」を取り入れました。壁紙を白にしたことで、より広く感じられたり、光を反射するために明るく感じるので、気に入っていますとご主人。

余白
IMA_9777

▲すっきりと生活用品を収納できるスペースを確保。

 

 配色だけではなく収納スペースにもこだわったご夫妻は、スペースを有効に使った収納スペースを取り入れたました。そのため生活用品等をすっきりと取り出しやすく格納することができています。

余白

voice_yakuwa_01

余白

IMA_9763 IMA_9804

▲山田様ご夫妻がゆったりとくつろぐ空間、約19帖のLDK。
▲LDKに繋がる5帖の部屋には置き畳を敷いて、赤ちゃんのお昼寝にぴったり。

 

 ご夫妻の生活の中心となっているLDKは、お気に入りの大切な空間。キッチンの色を赤に選択され、アクセントカラーとしました。とても華やかで楽しく料理ができそうです。

また、隣の置き畳を敷くお部屋は、赤ちゃんのお昼寝スペースとして、安心して見守ることができています。ご主人がご自宅にいらっしゃる時は、赤ちゃんと一緒にのんびりお昼寝も楽しめるそうです。

 

建物正面のフロントガーデンではご友人とバーベキューでくつろいだり、本当に使いやすいとお話されていました。これからはガーデニングにも挑戦するとのことです。季節ごとに咲く花々が、今から楽しみですね。

余白

voice_yakuwa_01

余白

IMA_9789 IMA_9801

IMA_9825

▲現在はサンルーム、将来は子ども部屋に使用される予定。

 

 一人部屋が必要になる時にサンルームを子ども部屋にする予定とのこと。お子様の成長に合わせ、部屋の構造を変化させていきたいとご主人。

ライフスタイルに応じた家づくりに挑戦していくと、しっかりと将来のプランを見据えていらっしゃいます。増部屋と減部屋が可能な設計によって、長く付き合っていく家を大切にしていくと、嬉しいお言葉をいただきました。

 

【UNITE HOUSEスタッフより】

IMA_9768

 山田様、この度はインタビューのご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

3ヶ月の可愛い赤ちゃんとお出迎えしていただき、楽しい時間となりました。これからのご家族皆さまの成長を、私たちも楽しみにしております。

 

 フロントガーデンでは、お客様のご趣味に合わせ使用方法は様々です。ガーデニングに挑戦の際、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

 今後ともユニテハウスをよろしくお願いいたします。

この記事をシェアしますか?Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone
ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!