幅1.82m、4.5帖で、フレキシブル。3つの子供部屋のある家。

バナー1スペーサー

m1

DSC_0450《ご主人》新築する前は、賃貸アパートに住んでいました。 わたしは通勤時間が長いため、朝早く出て、夜遅い生活をしていました。 そのため二人の子供の保育園の送り迎えの手伝いなどが出来ず、妻に負担をかけているなと 常々悩んでいました。 少しでも妻の育児負担を少なくしたいことと、子供たちの将来を考えて、希望する学区への引越しを考えはじめたのはこの頃です。 賃貸か、はたまた新築か・・・希望するエリアの土地探しから、視野は広く見据えていました。 探しはじめて一年くらい何もしない期間が過ぎたころ、妻が三人目を授かったことを受けて本腰を入れました。

スペーサー
m2
DSC_0404

《ご主人》土地探しの中で、クリエイト礼文さん(ユニテハウス本部)と出会いました。 展示場を初めて見た時は、あまりのキレイさに気後れしてしまって・・・まあ他メーカーの豪華な展示場よりは私たちに近い気はしましたが(笑) ユニテハウスは箱型の総二階、中に入ってみると意外と広かったので、これなら子供三人がいる暮らしでもいけるなとは感じました。 また賃貸の家賃と住宅ローンの月々の返済額を比べてもさほど変わりなかったので、新築を手に入れた方が得だと考え、建てることにしました。 希望エリアが明確だったので、情報が出てからすぐ動きました。 実は一度取り逃がしてしまったので、今の土地が出た時は大急ぎで取得しました。 担当の東海林さんが、応援し、背中を押してくれたのも良かったと思います。

スペーサー

m3

DSC_0371

《奥様》冬場は蓄暖二台を低めの温度でつけ、朝夜エアコンを少しつけるくらいでことたりました。住宅に保温力があるなと感じた点です。二階の洗濯物干しの下に蓄暖を設けたので、洗濯がどんどん乾き大変助かりました。 間取りは、具体的なライフスタイルを想像して決めていきました。 





スペーサー

b1

スペーサー

gainan

スペーサー

DSC_0288市内中心部、利便性の高い立地に建てられた菊地様ファミリー邸。建物裏手にはプライベートガーデンとウッドデッキを備え、子供たちの絶好の遊び場となっています。

スペーサー

スペーサー

b2

スペーサー

riving

スペーサー

DSC_0323

階段を挟んでリビングと水回りの導線を区切るレイアウト。 機能とデザインを両立しています。 階段の上り口は、子供たちの動きがよく見えるよう、LDKを通過する向きにしました。 吹き抜けにしたことで、二階からも声がするので安心だそうです。

 

スペーサースペーサー

 

b3スペーサー

DSC_0335

スペーサー

DSC_0346

家事をしている間、子供たちが外で遊んでいても目が届くように、キッチンを庭に面する位置にしました。 置き畳の下には、子供たちのおもちゃを収納してスッキリと。 のびのび楽しい空間です。

 

 

 

スペーサー

スペーサー

b4

スペーサー

DSC_0353

スペーサー

DSC_0364

幅1.82m(一間)の子供部屋です。 大人サイズのシングルベッドを置いても、窮屈さは感じません。 この幅の部屋は、ユニテハウスがリスペクトしている建築家「ル・コルビュジェ」の設計した集合アパート「ユニテダビタシオン」でも採用されています。収納はフリースペース部分に三つの部屋分を確保しました。 様々な使い道のある、フレキシブルな収納です。 将来リフォームを考えた時にも邪魔になりません。スペーサー

スペーサー

kikutifamily

菊地様、本日はありがとうございました!

 

 

 

ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!