全ては子どもたちの「楽しい」のために

 

今回は子どもたちがのびのび遊んでいる姿が印象的な山形市にお住いの西村様ファミリーをご紹介いたします。

 

バナー

 

 

voice_yakuwa_01

 

02

以前は、ご結婚して、子どもたちと単身用の広さのアパートに4人で住んでいたので「何をするにも狭くて大変だった。」と語るご夫婦。お仕事柄、DIYが趣味でもあり、プロでもあるご主人は、新築ではなく、中古物件を購入し、ご自分でリノベーションしていくつもりだったそうですが、縁あってユニテハウスに巡り合ったのだとか。知り合いの不動産屋さんが「いい土地あるよ。」と紹介したのが、我が社保有の「センチュリータウン」!ちょうどその頃、お友達もユニテハウスで新築を建てていて、見学させてもらったり、みはらしの丘の展示場を見たりしたことで徐々に気持ちが傾いていったとのことでした。

 

 

余白

voice_yakuwa_01

 

まず、家を建てるときに大切にしたかったのが、「子どもたち」のこと。

この土地に決めたのも、小中学校が近いこと、家の裏に公園があって環境が良いことだそうです。04家の設計で重要視したのも子どもたちと戯れることができるハンモックやプレイスペースを設けることにもこだわったとか。また、夏には、庭でプールやバーベキューを楽しんだようでした!約一年過ごしてみて、冬は断熱効果が良く、今年の夏はこの記録的な猛暑だったにもかかわらず、風通しがいいのでエアコン一つで快適に過ごすことができたと家の機能性に満足していると話してくれました。

 

近い将来やりたいことが二つあるそうで、一つは、すべり台やボルダリングができるような遊具をつくること。もう一つは、子供の成長に合わせ、プレイルームを二つにわけ、子ども部屋を増設したいということでした。

 

03

▲風が通りやすい開放的な空間。ご主人手作りの家具は空間を演出しています。

 

 

voice_yakuwa_01

 

05

前述しましたが、ご主人のご趣味は、DIY!ということで、ガレージで造作するようです。リビング・ダイニングスペースにあるTVボードや寝室のベッドもご主人の手作りなんだそうです。木材の色合いやデザイン等、こだわりを見ることができました。

 

奥さまは、主寝室にプロジェクターを設置しているのでひとりの時間を楽しむときは、映画を観るのだとか。また、最近では、リビングで筋トレに励むようになったそうです。何より、お友達をお家に呼ぶことができるようになったことが嬉しいと話してくれました。二人のお子さまは、裏が公園になっているので虫取りをしたり、ストライダー(ペダル無し二輪車)の練習を頑張ったりしているのだそう。家族それぞれの「自分時間」を楽しむことができるおウチは、素敵ですね。

 

06 07

▲左:ご主人力作のTVボード!おもちゃが可愛く演出しています!
 右:寝室のベッドは、手作りとは思えないくらい広々サイズ!

 

voice_yakuwa_01

 

引っ越されて、変化したことや嬉しかったことをお聞きしました。

ご主人は、「お風呂を広めにすることで子どもたちと一緒に遊びながら入ることができるようにしました。そのため、少々お風呂に入っている時間が長くなってしまうんですよ。」ととても幸せそうに笑っていました。奥さまも「遮音効果もいいようで子どもたちが家の中で遊ぶと騒がしいはずなのに外に出ると聞こえてこないのでいいなと思いました。あとは、家事をしながら子どもたちを見守ることができるので気に入っています。」

自然に家族が集まり、一緒にいる時間を多くもて、本当に幸せを感じることができると話をしてくれました。

08

 

【UNITE HOUSEスタッフより】

西村様、この度は貴重なお話を聞かせてくださいまして、本当にありがとうございました。

「家族と一緒にいる時間が本当に幸せ!」ということが伝わり、こちらも自然に笑顔がこぼれました。何かご心配なことがありましたら、ぜひご連絡ください。今後とも宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

この記事をシェアしますか?Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone
ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!