一目惚れから始まったマイホーム計画

山形県寒河江市にお住いの五十嵐様のご自宅にお邪魔しました。

余白

IMG_1480

余白

 voice_yakuwa_01

余白

新築住宅に住みたい!という強い希望をお持ちだった五十嵐様。

もともと今の家賃並みの支払いで新築を建てられるといえば「ユニテハウス」だと知っていたので、ネットやSNSで調べて問い合わせの上、実際の展示場を見学することになりました。

 

「みはらしの丘6530展示場」を初めて訪れた時がユニテハウスとの最初の出会いです。

ご主人は、外観を見た瞬間「あれ?もしかして中は狭いのかな?」と思われたそうですが、室内に入ってみると約23帖のリビングの広さを目にして、思わず「広い!」とつぶやいたそうです。良い意味で期待を裏切られたというご主人は、「ユニテハウスで建てたい」と直感されたそうです。同時に奥様もすっかり展示場を気に入られ、「ユニテハウスで建てよう」とご夫妻が同時に意見を一致させた思い出の一日だったと笑顔で振り返られました。

 

そこからの土地探しも弊社のご提案でスムーズに進み、その後建物の打ち合わせの時、女性営業の須田さんだったことから、主婦・奥様目線からの提案で楽しい打ち合わせの時間を過ごすことができました。五十嵐様が自宅を建築する時の一番の条件はコスト面と、日々の生活を広々とした空間の中で送ることでした。打ち合わせもその部分に力を入れたものとなったそうです。

余白

voice_yakuwa_01

余白

IMG_1472  IMG_1470

▲ 広々とした空間が自慢のリビング。L字型のソファーを置いてもゆったり

余白

奥様よりこだわりポイントと営業や設計との打ち合わせの思い出の中で、いくつかお話して頂きました。ユニテハウスのコンセプトにある「最小限のランニングコスト」について説明を受けた奥様。その結果、洗濯スペースとしてバルコニーではなくサンルームを取り入れました。外で干すと洗濯物に花粉が付くことや、プライバシーの面で不安もあり、その結果、将来の維持費のことも考えサンルームにして良かったとのことです。

また奥様は、リビングをとにかく広くしたい!家族で楽しく過ごしたい!とずっと考えていらっしゃいました。子供部屋を2階に作ったことで、お子様たちが部屋にこもってしまうかなと心配でしたが、住んでみたら家族がみんなで集まってきてリビングで過ごす時間が圧倒的に多く、本当に嬉しいとおっしゃっています。

余白

IMG_1481  IMG_1483

IMG_1473

▲ 白い壁(クロス)にブルーをアクセントにしたインテリアで男の子の部屋らしくすっきりと
▲ お姉ちゃんらしいパスカルカラーの優しいインテリア。スリット窓から優しく光が入る。
▲ みはらしの丘展示場と同じストリップ階段を採用。

余白

一方、ご主人のこだわりポイントでは、何といってもユニテハウスの外観です。五十嵐様らしい顔のユニテハウスを作りたいと考えていたご主人。玄関は風除室プランを取り入れたことで、オリジナルな外観にしたいという要望が叶いました!と嬉しそうにお話して頂きました。

 

 他にもストリップ階段は展示場を見た時から決めていたとおっしゃるご主人。初めてユニテハウスをご覧になった時からみはらしの丘展示場のストリップ階段に一目惚れしていました。また内装は主に白と黒系に統一したことで、圧迫感を感じず、スッキリとした空間を作ることに成功しました。

余白

voice_yakuwa_01

余白

IMG_1477

▲ 動線を考え、動きやすく広々としたキッチンにお子様も率先してお手伝い。

余白

 ユニテハウスに引っ越してから、お子さまが早起きになり学校の準備も率先してするようになった上に、掃除も自らしてくれるようになったそうです。お手伝いをしてくれることが多くなったことで、家事が楽だと初めて感じるようになったとか。

家族と一緒にいる時間が増えることで会話やコミュニケーションがとれ、お子様の様子も、安心して見守ることができるようになったようです。また、ご主人のご友人も遊びに来られることが多くなりました。日々の生活を楽しみながら過ごせるようになり、ライフスタイルの変化を肌で感じているとお話してくださいました。

昨年10月に引越しされた五十嵐様ご家族、新居にて山形の冬を過ごされユニテハウスの気密性の良さを知ったとの事。

エアコンはリビングに1台と寝室に1台を設置したのですが、2階のエアコンはほとんど使用せずに過ごしたそうです。山形の冬は長く寒くて、隙間風は耐えがたいのですが、ユニテハウスに引っ越して以来、家にいて寒いと感じることがなくなり、安心して冬は過ごされたようでした。

余白

voice_yakuwa_01

余白

最後に今後の夢についてお聞きしました。

ご夫妻が一番したいと思っていることは、建物裏の土地を利用して、畑作りをすること。

様々な野菜作りに挑戦し、今までとは違う生活スタイルを味わってみたいとお話していました。その他も置き畳を設置して、ゆったりできる空間作りに挑戦してみたいとのこと。余白

ライフスタイルのアイデアがたくさん生まれてきそうで今後の様子もとても楽しみな五十嵐様ご家族でした。

IMG_1487

▲ ご主人こだわりのどっしりとした風除室。
窓サッシの枠と外壁の色をそろえて、スッキリスタイリッシュに。

 

【UNITE HOUSEスタッフより】

五十嵐様、この度はご訪問させていただき誠にありがとうございました。

ユニテハウスに引っ越しをされてから、ライフスタイルが大きく変わり、

楽しく過ごされていること、嬉しく思います。

ユニテハウスは、お客様の未来を見つめた設計のご提案をしております。今後ライフスタイルの変化に対しても、お気軽にご相談ください。一緒に考えて参りましょう!これからもユニテハウスを宜しくお願い致します。

この記事をシェアしますか?Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone
ユニテハウスの暮らし実例集を無料プレゼント!