遮音性 耐雪性

06tec01

 

「空気透過音」を減らす、ツーバイフォーの外壁

 

06tec03クルマや道路工事の騒音、近隣の家からの生活音など、日常の中にはさまざまな音があふれています。快適な住まいを実現するには、こうした音への配慮も重要なポイントです。 気密性の高いツーバイフォー住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。壁や天井に使用される石こうボードも遮音性の高い素材で、音が壁を通り抜けることを防ぎます。また壁の内部に充填される断熱材は吸音材としても効果的に機能し、音を吸収します。 つまりツーバイフォー住宅は、クルマなど外部の騒音を遮断するとともに、室内の音が外部に洩れることも防止。住む人のプライバシーをしっかり守りながら、静かで快適な暮らしを実現します。

 

 

スペーサー

高性能サッシ

 

tec12樹脂サッシ+複層ガラスの窓なら、騒音の約35dBをカット。例えば、市街地の平均値となる70dBの騒音も樹脂サッシを通せば約半分の35dBに、幹線道路沿いの住まいでも住宅地域許容量を下回る45dBと、大幅に抑制することが可能です。室内からの音漏れも抑えますので、安心して暮らせます。

 

 

スペーサー

上階からの音もシャットアウト【Option】

 

tec17人の声やTVの音などの空気透過音に関するユニテハウスの遮音性能は、2階遮音床構造の透過損失が、公庫一般仕様(天井直貼り)よりも15dB(周波数500Hzにおいて)も向上。その遮音等級はD-45※(カーペット仕上の場合はD-40)で、日本建築学会において「遮音性能上、非常に優れている」とされる特級※にランクされています。また、同じツーバイフォーでも、メーカーによって施工方法・仕様は異なりますがユニテハウスでは図に示すように居室の天井構造を二重構造とした遮音床構造をご用意しております。 ※D値の数値が大きいほど遮音性能が高いことを示します。 ※平成9年の改訂により戸建住宅の基準が削除されたため、旧学会基準によります。

 

 

 

スペーサー

06tec05

スペーサー

見た目と違い、雪は重い

 

 

tec18

ひらひらと舞う雪は一見非常に軽いように見えますが、降り積もって固まるにつれ、これが非常に重い物体へと変わってゆきます。ちなみに雪の重さは1立方メートル当たり、新雪で200kg以上、だんだん根雪となって固まっていった場合は600kg以上にもなることがあるそうです。屋根の広さが30平方メートルだとすると、1メートル積もると18トンもの重さになることもあります。

 

 

スペーサー

雪の重みから樋の破損を防ぐスノーカバー【Option】

 

屋根の先端部にスノーカバーをつけることにより、屋根より滑り落ちてきた雪の樋への進入を防ぐことができます。滑り落ちてきた雪は樋へは入らず、そのまま地面へと落下していきます。これにより、樋の破損を防ぐことができます。また、スノーカバーを付ける事により屋根と樋とを一体化して見せることができるので、建物の外観を損なわない効果も期待できます。

 

 

アイアン仕様の「マルチカバー」で軒先一体感をくずさず積雪から雨樋を守り、落ち葉よけとしての効果も発揮。

 

「マルチカバー」上を雪がすべり、軒樋への積雪斜め荷重を回避。巻き垂れた雪のずり落ちにも効果を発揮します。

 

tec19

 

●高強度ポリカーボネイト吊具により積雪1.2mまで600ピッチで施工可能です。定期的なメンテナンスは必要です。

 

 

 

スペーサー

 7safe

スペーサー

01a02a03a04a

05a

06a07a

スペーサー

スペーサー

request03