Jinmachi_model01_top
ユニテハウス6つのコンセプト

デザインDesign

g01-01

 

ユニテハウスの最も標準的な大きさである36坪の3060タイプ。

 

g01-02

 

一般的な規格住宅では建物の大きさが決まっているので、その建物が建築できる土地を探さなくてはなりません。せっかくお気に入りの土地があったとしても、建物が入らないというのはよく聴く話です。

当展示場の敷地面積は60坪で容積率は60%のため、建物の延床面積を最大の36坪で建築しました。土地の条件から建物を計画することで、どんな敷地でも最大限に活用するのがユニテハウスの特徴です。

スペーサー

スペーサー

01zao6530-3

 

 

 

01Jinmachi_01ユニテハウスのシンプルな外観を作っている要素のひとつは、この平らな屋根です。1、2階が同じ大きさである総二階建てであるユニテハウスは、屋根を平らにすることでよりシンプルで洗練されたフォルムとなります。
また、屋根の面積が最少となるためにイニシャルコストを抑えるといったメリットにもつながります。シンプルな外観がお好みであれば、最もおすすめしている屋根の形状です。 

 

スペーサー

スペーサー

g01-05

 

01Jinmachi02ユニテハウスは「顔」にこだわっています。顔とは建物正面のことで、道路側から最もよく見える面のことを指してい ます。ユニテハウスは東西南北の4面のうち、1面だけは建物の「顔」としてデザイン性にこだわります。 当展示場はユニテハウスの代表的なデザインである三連窓をアレンジした三つの縦長の窓がポイントの顔となっています。 玄関脇から繋がるタイルデッキを囲うように取り付けられた細かいパーゴラで外界からの視線を遮り、光は通して室内を明るく保ちます。 トータルバランスを考えた設計です。

 

スペーサー

スペーサー

スペーサー

 

 

g02-01-12

 

 

01zao3070-8

外壁色はモスグリーン。パーゴラのライトグレーと合わせてシックな装い。
ユニテハウスの外壁は「ガルバリウム鋼板」を使っており、ホワイトやブラックなどの無彩色から、イエローやレッドの有彩色まで、そのバリエーションは11色もあります。
外壁はフッ素加工が施されているので、耐候性に優れ長期に渡り美しい外観を保つことが出来ます。メーカーの保証は塗膜変褐色10年と穴あき・赤さび10年となっています。
当展示場の外壁色はモスグリーン。パーゴラ、タイルデッキをライトグレーでコーディネートし、シックな装いにしています。

 

スペーサー

スペーサー

g01-09

 

g01-10

ユニテハウスの内観デザインはシンプルモダンテイストが基本仕様となっています。床、壁、天井は明るい色にすることで、広く、スッキリとした印象を与えます。膨張色である白を使うことで、コンパクトなユニテハウスを少しでも大きく見せる工夫をしています。明るく・広くが苦手な方にも対応できるよう、落ち着いたカラーも用意しておりますのでご安心ください。 またインテリアのテイストも人気のプロヴァンスタイプやアジアンタイプなど12種類の中から選んで頂くことができます。
当展示場は建具に明るめのナチュラル色を使用し、シンプルな中にもほんのりカフェスタイルを意識した雰囲気に仕上げました。

スペーサー

スペーサー

 

 

 

g02-01-02

 

ds-05-higashine

スペーサー

Jinmachi_3060model01-5-2

箱形のユニテハウスの中央に階段室を配置することで、その周辺に空間が生まれ、メリハリのあるゾーニングを実現。2階も同様、階段を囲み、子供部屋と主寝室を配置。
フリースペースにはみんなでフレキシブルに使えるカウンターを用意。サンルームを子供のプレイスペースにし、子供部屋と一体化させ、活発に遊べる空間を作りました。
1間サイズの男のDENは機能的で合理的。子供部屋は将来間仕切りをつけて使用できるようにドアのみを先に作りました。

スペーサー

Jinmachi_model_subtop
ユニテハウス6つのコンセプト

エクステリアExterior

 

g02-01-03

 

ex-01-higashinep展示場へ訪れるとひときわ目をひくパーゴラは住宅にワンランク上の風情が生まれます。
また日当り、通風を確保しつつ目隠しの効果もあります。

スペーサー

 

g02-01-04

 

ex-01-higashineタイルデッキにはソファを設けて、開放的なアウトドアリビングに。
ダイニングまで同じタイルデッキを敷くことで、内と外が一体となるような感覚を生み出しています。

スペーサー

g02-01-05

 

 

 

ex-03-higashinep雪が積もった際、屋根に登って雪下ろしをするためにタラップを設けました。ハシゴはわざと途中までとし、お子さんがいたずらで登ったりするのを防止しています。

スペーサー

 

 

Jinmachi_model_subtop
ユニテハウス6つのコンセプト

インテリアInterior

 

g02-01-06

 

in-01-higashiner

土間が玄関からキッチンまで続いているので、買い物帰りは靴のまま食品を冷蔵庫へ。靴のまま来れるので、応接スペースやプチ教室を開いたりと来客が多い方にはぴったりです。

スペーサー

スペーサー

 

g02-01-07

 

in-02-higashineリビング内に設けられた和の空間。
間仕切り1枚と置き畳だけでさらにくつろぎの場が生まれます。
下部に設けた窓からは石庭が見え、ゆったりとした時間を満喫できる癒しの空間です。
その他にも、ゲストルームとしてもお使いいただけますし、将来親と同居する際はリビングに隣接した寝室へと模様替えも可能です。

スペーサー

スペーサー

 

g02-01-08

 

K3A58021

洗面台を2つ並べた贅沢な仕様。朝の身支度の渋滞はこれで解決です。

スペーサー

スペーサー

g02-01-09

 

in-04-higashineユニテハウスのネーミングの由来ともなっている、フランス、マルセイユの「ユニテダビタシオン」は日本でいうマンションのような住宅。そこでは幅がわずか1間(1.82m)サイズの部屋が採用されています。本場のユニテダビタシオンを彷彿とさせるような間取りを、当展示場で再現しました。
2×4工法の部材のサイズは2インチ(38mm)×4インチ(89mm)ですが、間仕切りを作る際、部材の長辺を使うところを短辺にすることで約50mm薄く仕上げました。これは1間幅の部屋を出来るだけ広くするための工夫です。
残り2つの部屋はあえて区切らず、将来のライフスタイルの変化に対して柔軟に対応できるよう設計しました。

スペーサー

スペーサー

 

g02-01-10

 

in-05-higashinep

2階フリースペースはサンルームとして使っていただけるスペースですが、お子様が小さいうちは、是非プレイルームとしてお使いください。
日当り良好で子供部屋とつながっているので、飛んだり跳ねたりお子様がのびのび遊べるスペースです。

スペーサー

スペーサー

g02-01-11

 

in-06-higashinep一見すると部屋と部屋を繋ぐ通路、いわゆる廊下になりがちなスペースですが、当展示場では家族のワークスペースとして活用しました。
無駄な空間を作らないユニテハウスの設計思想をよく表した空間です。スペーサー

Jinmachi_model_subtop
ユニテハウス6つのコンセプト

仕様Specification


設備

スペーサー

 

jinmachi-siyouスペーサー

スペーサー


構造

jinmachi-kouzoutai

 

Jinmachi_model_subtop
ユニテハウス6つのコンセプト

アクセスAccess

東根市神町東展示場 3060

スペーサー

スペーサー

〒999-3764 山形県東根市神町東1丁目 

営業時間:土・日・祝 10:00~17:00

※上記時間外でご見学をご希望のお客様は下記フリーダイヤルまでご予約ください。

フリーダイヤル 0120-31-6774