izumi_6030top
ユニテハウス6つのコンセプト

デザインDesign

g01-01

 

36坪の6030タイプ。

 

01izumi6030-2

一般的な規格住宅では建物の大きさが決まっているので、その建物が建築できる土地を探さなくてはなりません。せっかくお気に入りの土地があったとしても、建物が入らないということはよく聞く話です。
ユニテハウスは建物の幅と奥行きを変えることができるので、土地の大きさに合わせて建物の大きさを選んでいただけます。
もう、建物に合わせた土地を探す必要はありません。

スペーサー

g01-03

01izumi6030-4

 ユニテハウスのシンプルな外観を作っている要素のひとつは、この平らな屋根です。
1,2階が同じ大きさで総2階建てであるユニテハウスは、屋根を平らにすることでよりシンプルかつ洗練されたフォルムとなります。
また、屋根の面積が最小となるためにイニシャルコストを抑えるといったメリットにもつながります。

スペーサースペーサー

g01-05

 

01izumi6030-6

顔とは建物の正面のことで、道路側から最も見える面のことを指しています。東西南北の4面のうち、1面だけは建物の「顔」としてデザイン性にこだわります。泉パークタウン展示場のシンプルで存在感ある顔は、三連窓・ピクチャーウィンドウ・小さな滑り出し窓、これらの個性的な窓の配置でデザインされています。

 

 

スペーサー

 

g01-07

 

g01-08

ユニテハウスの外壁は「ガルバリウム鋼板」を使っており、ホワイトやブラックなどの無彩色から、イエローやレッドの有彩色まで、そのバリエーションは11色もあります。
全体がスッポリとこのガルバリウム鋼板で包まれますので、色選びで印象が決まってしまいます。ホワイトで清潔感を出すのもいいですし、イエローで明るくポップにするのも良いと思います。
また、外壁材はフッ素加工が施されているので、耐候性に優れ長期に渡り美しい外観を保つのも特徴の一つです。

スペーサー

スペーサー

g01-09

g01-10

ユニテハウスの内観デザインはシンプルモダンテイストが基本仕様となっています。床・壁・天井は明るい色にすることで、広く、スッキリした印象を与えます。
膨張色である白を使うことで、コンパクトなユニテハウスを少しでも大きく見せる工夫をしています。明るく・広くが苦手な方にも対応できるよう、落ち着いたカラーも用意しておりますのでご安心ください。
また、インテリアのテイストも人気のプロヴァンスタイプやアジアンタイプなど12種類の中から選んで頂くことができます。

 スペーサースペーサー

01izumi6030-11

 

01izumi6030-12

ユニテハウスの間取りは、1階がパブリックスペース、2階がプライベートスペースとして考えられています。簡単に言えば、1階は家族やお客様と過ごす共有スペースであり、2階は個人がそれぞれ過ごすスペースなのです。
泉パークタウン展示場の2階の子供部屋は14帖もの大空間です。子供が小さい時は飛んだり跳ねたりできる広い空間として使い、成長したら間仕切りを足して個室に区切っていきます。ライフスタイルの変化に対応できるユニテハウスならではの使い方です。

 

izumi_6030sub
ユニテハウス6つのコンセプト

エクステリアExterior

02izumi6030-1

02izumi6030t-1

南面の掃き出し窓には、幅6mものタイルデッキをつくりました。想像以上の広さで、友人を呼んでバーベキューなど様々なシーンに対応します。さらに膨張色である白が、プライベートガーデンを明るく演出。リビングからのつながりもできるので、アウトドアリビングとして視界に広がりをもたせます。

スペーサースペーサー

02izumi6030-2

 

02izumi6030-3

タープとは屋外に設営する日よけのこと。防水の一枚布を2本の支柱で支え、数本のロープを布の縁から地面に張ります。 風に揺れるタープが日差しや雨を防ぎ、デッキをやさしく覆う。優雅な空間で、読書やティータイムなども楽しめます。

スペーサー

スペーサー

02izumi6030-4

 

02izumi6030t-2

ランドスケープのテーマは「グラスガーデン」です。芝の庭というのは最も一般的ですが、芝はメンテナンスが大変というのはあまり知られていません。
芝庭のメンテナンスの基本は芝刈り、水やり、除草、肥料ですが、水や肥料が行き届かなくて枯らしてしまうケースがをよく耳にします。
当展示場ではメンテナンスフリーの人工芝を採用しました。一年を通して綺麗な芝の庭を楽しんでいただけます。

 

スペーサースペーサー

02izumi6030-5

 

02izumi6030-6

生垣は周囲の視線を遮るように高めにしてレイアウト。家族のプライバシーを守ります。また敷地の前には美しい街路樹、遠くは土地が低くなっているため、視界の開けた素晴らしい立地です。その街路樹やすがすがしい見晴らしを“借景”として敷地内からの眺めに組み込むよう、シンボルツリーを絶妙に配置。その場所の持つ美しさをも取り込むデザインができました。

 

izumi_6030sub
ユニテハウス6つのコンセプト

インテリアInterior

 03izumi6030-1

03izumi_tile

従来よりも少し広めの玄関は、入った瞬間に引き込まれるような感覚を与えます。その理由は間取りの広さだけではありません。玄関ドアを開けてすぐ目に入るタイルガラス。高い目線にレイアウトされ、玄関にさらに奥行きを感じさせます。そしてLDKへの入り口であるパーテーション。透明アクリル製なので、LDKの明るい光が差し込み、来客者を室内へと引き込むのです。

スペーサー

スペーサー

 03izumi6030-2

 

03izumi6030t-1

アクティブスペースとして使用する1階。LDKだけでは不便な場面も出てきます。そんな時に、ほかにもう一部屋あるといろいろ使えて便利。例えば、来客やお子様のお昼寝などに。キッチンや家族の移動の多いLDKでは気の遣う場面でも、ゆとりの一部屋があれば心配いりません。

 

スペーサー

スペーサー

 

03izumi6030-3

 

03izumi6030-4

リビングの入口を開けるとまず目に飛び込んでくるのがこのL型のストリップ階段です。階段の向こうにはキッチンがあり、リビングスペースとキッチンをこのL型ストリップ階段でさり気なく仕切っています。
実はこの階段は踊り場から下3段、腰かけるのにちょうどいい高さなのです。
生活の中の些細な瞬間に少し休憩。心にゆとりの生まれる場所になりました。お気に入りの雑貨を並べたりしてもいいですね。ここは暮らしを彩るとっておきの場所なのです。

スペーサー

スペーサー

03izumi6030-5

 

03izumi6030t-2

コンパクトなユニテハウスで、スッキリ生活する工夫。その一つが、キッチンの収納です。何かと物入りなキッチン周り。ここをいかにスッキリした印象にするかで、LDKの印象は大きく変わります。それを可能にするアイランドカウンターと食器棚は当社オリジナルの収納。アイランドカウンターは、両面扉で、調理台にもなります。食器棚も両面に扉があり、収納力抜群です。

 

 

スペーサー

スペーサー

03izumi6030-6

 

03izumi6030t-3

ピクチャーウィンドウ。その名の通り、写真のように景色を切り取る窓です。他の窓とは違う機能をもった特別な窓が、季節を切り取るフレームとして生活を彩ります。フレームの奥にあるのは、庭のシンボルツリーに開けた土地形状によってうまれた抜群のみはらし。緑豊かな都市と敷地内の植栽の変化をより美しく楽しめます。

 

 

 

 

スペーサー

スペーサー

03izumi6030-7

 

03izumi6030t-4

2562mmと幅広な掃き出し窓。この窓からタイルデッキへと出ることができます。アウトドアリビングとしてのタイルデッキなので、出入りもスムーズです。しかしこれだけの幅広にしたのは移動のためだけではありません。タイルデッキを視覚的にもリビングの一部にするためでもあるのです。大きな窓によって、リビングの床と白いタイルデッキが一体化。リビングを広々とした印象にします。

 

 

スペーサー

スペーサー

 

 03izumi6030-8

 

03izumi6030t-5

広々とした高級感ある洗面脱衣室。一日の終わりに気持ちを上げてくれることでしょう。家事の動線にもゆとりができ、心地よい暮らしを支える場所となります。

 

 

スペーサー

スペーサー

 

03izumi6030-9

 

03izumi6030t-6

子供部屋の大きさは6~7帖が一般的なサイズです。しかし、まだお子様が小さいうちは飛んだり跳ねたり走ったりしたいものです。
6帖の部屋にベッドや収納家具を置いてしまっては、遊ぶには少々物足りないスペースかもしれません。お子様がまだ小さいうちはあえて仕切りを設けず大空間で過ごさせてあげてください。
そして子供が成長したら間仕切りをつくってあげる。S&I設計のユニテハウスならそんなことができてしまいます。

 

スペーサー

スペーサー

03izumi6030-10

 

03izumi6030t-7

DENとは、隠れ家の意味です。大人が一人座ると、すっぽり収まるようなコンパクトな間取り。これが隠れ家という名前の理由です。ドアはあえてつけません。ただ狭いのではなく、適度に奥行きのある空間が、集中できる自分だけの場所を作るのです。

 

 

スペーサー

izumi_6030sub
ユニテハウス6つのコンセプト

仕様Specification


 

 

設備

 04izumi6030t-1

 

 

 

 

 

 


 

 

構造

 

kouzou

izumi_6030sub
ユニテハウス6つのコンセプト

アクセスAccess

仙台市泉パークタウン展示場 6030

 

〒981-3204 宮城県仙台市泉区寺岡1丁目1-21(泉パークタウン内)

℡ 022-343-9252

 

営業時間:土・日・祝 10:00~17:00