スッキリ生活Lab

ガーデニング の記事一覧

おうち時間でリフレッシュ☆リメイク缶の作り方!

みなさん、こんにちは!
ユニテハウス研究所 研究員のサラ・オーリックです♬

もうすぐ5月。
新しい生活には慣れましたか?

そろそろおうちの生活も新しくしたい時期ですね。

そんな時は模様替えが一番!
大掛かりな模様替えもいいですが、
お部屋にグリーンを置くだけでもおうちと気分が変わりますよ。

オススメのグリーンは人気の多肉植物!
手入れも簡単です( ´∀`)bグッ!

私も多肉植物でお部屋とキモチをリフレッシュ!!
早速飾ってみましょう♬

untitled

 

あれ?なんだか…ざんねんな感じ……(´・ω・`)


せっかくの多肉植物。
もう少し素敵に飾ってみ~たい♡

リサーチの結果、
ガーデニングサイトでレトロな缶に入った多肉植物を発見!!!

 

th出典: vipworks.net OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典iziz.co.jp


。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。かわいい~♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

このレトロ缶は海外のもので最近はなかなか手に入りにくいそうなのです・・・・・

よっし!!
ないものは作りますよ\(*⌒0⌒)♪
おうちにある缶をリメイクしてレトロ缶をハンドメイドしてみま~す!!


【リメイク・レトロ缶の材料】

・缶(大きさ・種類はなんでもO.K 作る前によく洗っておきましょう)

DSC01773

・紙やすり ・金たわし

無題

 

・アクリル絵具(赤・青・黄・白・黒があるといいでね。)
・紙皿(パレットの代わりに使いましょう。後片付けが楽ですよ。)
・絵筆(使い古しのものがレトロな感じが再現できますよ。)
・スポンジ

DSC01790

・お気に入りのシール
・転写シート

DSC01799 DSC01792 DSC01800

・ニス

今回の材料は缶以外は100円ショップで購入しました☆




【作り方】

1.缶に紙やすりかけます。
 やすりをかけるとペイントしやすくなりますよ。
 印刷がある物は印刷が取れるまでかけましょう。

 untitled


2.ペイントします。  
 パレットの代わりに紙皿を使うと後片付けが楽ですよ。

untitled


出来上がりが白のものは白だけを重ね塗りをします。
「乾燥させて塗る」を2~3回繰り返します。 
線を引くように塗るとスッキリした仕上がりになります。

untitled
ホウロウみた~い( ´ ▽ ` )ノ

 

ビンテージ風に仕上げたいものは、下地に濃い茶色を塗りましょう。
untitled


塗り方のコツは、絵具を置くように塗る!
表面に凸凹がでてシャビー感(アンティークな雰囲気)が出ます!

缶アップあり

こちらは「乾燥させて塗る」を2回程繰り返します。
最後に出来上がりの色を塗りましょう。


スポンジに白絵具を少し付けてポンポン軽く押し付けるように塗りました♡♡⇒
untitled
アンティーク感がアップ☆

ビンテージ風リメイク缶。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
完成ですヽ(*´v`*)ノ

untitled

 

3.リメイク缶にデコレーションをします。
 シールを貼ったり、転写シートでペイントした缶をデコしましょう。

 アンティーク風にちぎれたシールも作っちゃいますよ!

untitled

作り方は
シールの四隅をロウソクの
ほのおでちょとだけ焦がして、すぐに水にいれます。
untitled untitled

くれぐれも火災ややけどにはご注意くださいね(>人<;)(>人<;)

転写シートでもデコります。
untitled


デコができたらニスを塗って完成です。

DSC_0040

完成したリメイク缶に植物を植えるときのひと手間。
根腐れ防止のための水抜き穴を開けましょう。
釘とカナヅチを使って缶の底をトントン。
簡単にあきますよv(⌒o⌒)v

untitled

それではいよいよ多肉植物を植えま~す。

DSC_0079
多肉植物がリメイク缶で男前に変身\(○ `O´ ○)/!



クレマチスやビオラを植えると…。

DSC_0099

乙女です٩(♡ε♡ )۶


穴を空けた缶でも中に紙コップをいれて
フラワーベースとしても使えます。
DSC_0061

DSC_0059


使い方次第でおうち時間がますます楽しくなりますね。

みなさんもリメイク缶でおうち時間をリフレッシュしてみませんか?
スッキリライフをすごしましょう♬

それでは、また次回をお楽しみに☆

 

 

 

 

植物&お花の育て方いろいろ♬

みなさんお元気ですか?ユニテハウス研究所、研究員のサラ・オーリックです。

ユニテハウスの展示場にもたくさん飾られている、お花や植物。

ご自宅で育てている方も多いかと思いますが、

本当のお手入れ方法ってちゃんと知っていますか??

実はわたしも育てるのがとても苦手で・・・(>_<)

そこで本日は植物やお花の色々な育て方について、syamada2

ユニテハウス本部 グリーングラスの山田幸生さんにお話を伺って来ました!

 

 

 


『はじめまして、サラちゃん!わたしはグリーングラスでユニテハウス施主様の

ガーデニングのアドバイスやお手伝いを担当している山田です。

今日は色々な植物やお花の育て方を教えます!』




【寄せ植え鉢】

寄せ植え寄せ植え鉢は基本的に外置きとなるので、風や直射日光が当たるととても乾燥します。

特に春から初秋までは1~2日に一回は鉢底から水が出るまでたっぷりと水をあげます。

6月の梅雨の時期は湿度が高いため土が乾燥しにくいため、根腐れしやすくなります。

ですので、その時期は水かけを控えめにします。

真夏の7~8月は激しく乾燥するため、朝、夕の水かけが必要となります。

土が乾いたら、たっぷり水をあげましょう。

直射日光の当たる日当たりのいい場所に置きます。

花が終わったら切り戻しを行い、次に咲く花のためにキレイにしてあげます。

伸びすぎた茎などは切って、形を整えながら楽しみます。




【観葉植物(培養土植え・ネオコール植え)】

観葉植物培養土に植えた観葉植物は水持ちもいいので、水のやりすぎに注意しましょう。

春、冬は2週間に1回(目安)、夏、秋は3日に1回〜1週間に1回程度、

鉢底から水が出るぐらい、たっぷり水をあげます。





ボトルツリー土植え

底から出た水はすぐに捨てください。根腐れの原因になります。

2週間に1回ぐらい、霧吹きで葉に水を与えます。

日当たりの良いところがベストですが、直射日光は避けてください。(葉焼け防止)











【多肉植物・セダム】

セダム

多肉植物やセダムはネオコール(粒々で色々な炭で作られたもの)や

多肉植物専用の土で植えています。

多肉、セダムは、葉や茎に水分を蓄えているので、水かけはほとんど必要ありません。





ネオコール

鉢に穴が開いていない容器は、水が浮いてくるまで水を入れてから半分くらい捨てます。

春から秋にかけては、月に2回程度。

冬の間は月に1回程でもOKです。

日当たりはカーテンのレース越しほどの光がベストです。

 



【苔玉(コケ:水ゴケ 土:ピートモス)】苔玉

苔玉は観葉植物を土(ピートモス)で包み、さらに水ゴケで包みます。

ピートモスも乾燥しすぎると水をはじいて吸い込みにくくなるので、

乾燥には注意しましょう。

春は週に1回、夏~秋は3日に1回、冬は2週間に1回目安で、

バケツや桶に水を張って、30分浸してください。

水のやりすぎだと葉が黄色く腐ります。

乾燥すると葉が縮まってカサカサになります。

直射日光を避けた日当たりのいいところに置いてください。

苔玉管理




 

 

 


色々な植物やお花のお手入れの仕方が良くわかりました!

山田さん、ありがとうございました♬


次回もお楽しみに(●^o^●)

 

 

そうだ、寄せ植えを作ろう!

ユニテハウス研究所、研究員のサラ・オーリックです。

今回はユニテハウスのガーデニングブランド「green grass(グリグラ)http://gregra.jp/」主催で春のお花の寄せ植え講座があると聴いて潜入取材をしてきました☆

春のお花を使った寄せ植えの作り方をレポートしますっ。

 

 

寄せ植えに必要なものは・・・

・季節のお花(今回は一鉢に8株程度使いました。)

・軽石

・培養土(化石の配合された、水はけの良いものを使用しました。)

・肥料

・殺虫剤

・スコップ(ハイターの容器を斜めにカットしたものがとても使いやすいです。

サイズも大・中・小と揃えておくと便利。)

・シート

・鉢

・帽子、エプロン、軍手など

DSC_0051  DSC_0052

DSC_0106  DSC_0100

 

 

1.鉢の底に軽石を敷き詰めます。

DSC_00631

 

 

2.鉢の半分くらいまで、水はけのいい土を入れます。

DSC_0064

 

 

3.肥料を土にかけます。

DSC_0067

 

 

4.用意した花のカップを取り外します。

土を親指と人差し指で抑え、ひっくり返し、底の穴から出ている根をちぎります。

カップの下部をもう片方の手でつまみ、外します。

DSC_0065

 

 

5.カップを外したら、根の一部を三ヶ所程度ちぎります。

このとき根っこをつぶしたり、もんだりしないようにし、

いつまでもちぎらないようにしてください。

ちぎったところから新しい根が伸びてきます。

DSC_00221

 

 

6.土の表面を指で一周ひとなでし、病害虫や不要なゴミ等を取り除きます。

DSC_0021

 

 

7.背の高い花を、鉢の一番奥に配置します。

人の顔に正面と横顔があるように、花にも正面と横という向きがあります。

花のバランスを見ながら配置していきます。

高さが足りないようなら、土で調整します。

DSC_0069

 

 

8.花の根がぶつからないように配置します。

くっつけてしまうと、花の育成を妨げてしまい、大きく育ちません。

高い花を三株並べ終わったら、次に中くらいの花を配置していきます。

DSC_0073

 

 

9.最後に背の低い花を配置します。

根がぶつかってしまうようなら、根を少し小さくします。

根の表面の部分をねじるようにしてむしり取ります。

この時も根をつぶしたり、もんだり、ほぐしたりしないように注意します。

DSC_0038

DSC_0039

 

ほどよい大きさにしたら配置します。

最後は狭いので指を使ってそっと入れます。

DSC_0042

 

 

10.配置した株の間を埋めるように土を入れます。

指を差し込んでみて、隙間のないようにします。

このとき手作りのスコップがあると、変型することが出来て使いやすいです。

DSC_00561

 

 

11.土を入れ終わったら、軽く鉢を地面につけて土をならします。

写真のように鉢を傾け、「右、左、前、後ろ」と四回だけ

トン、トン、トン、トンと鉢を地面にあてます。

くれぐれも「ドンッ!」と鉢の底を打ち付けるようなことはしないでください。

そうすると、配置した花が飛び出てしまうからです。

DSC_00591

 

12.土をならしたら、殺虫剤を忘れずに入れます。

 

13.最後に水をたっぷりかけます。

ジョウロの口を下向きにし、

鉢の表面を洗うような動きで回しかけます。

鉢の内側を水が伝うようにします。

それから、花の間をぬって、縦・横・斜め、十分に水がいきわたるようにかけます。

すると土に水が通る道が出来ます。

これで完成です。後は日々の水かけを徹底してください。

DSC_0084

 

 

お花は育てるより見てる方が好きなわたしでしたが、

取材をして自分で作りたくなりました♬

皆さんも、持て余している庭や家の前を、

花の寄せ植えで彩ってみていかがでしょうか(●^o^●)

スッキリ生活Lab、次回もお楽しみに☆

 

 【今回寄せ植えを教えてくださった講師】

山形県山形市 花のひこうき( http://www.hananohikouki.com/)

代表取締役社長 戎野日出男氏

DSC_0095

 

 

 

UNITE HOUSE本部 (株式会社クリエイト礼文) 〒990-2413 山形県山形市南原町2丁目7-39 TEL 023-631-5771 / FAX 023-631-5403