スッキリ生活Lab

2015 6月 の記事一覧

カビ取り効果絶大!お風呂そうじ7つのコツ☆

みなさんこんにちは♬  ユニテハウス研究所、研究員のサラです。
6月に入り、西の方から梅雨入りを迎えています。
ジメジメしたこの時期、困るものと言えば「カビ」ですよね(>_<)
あらゆる場所に発生するカビですが、今回はお風呂に生えるカビのおそうじについてお伝えします!

 

baikin_genki

 

 

■お風呂のカビの正体は?

カビ風呂

お風呂に生えるカビって一体何者なのでしょうか?
湿気が多いところに生える代表的なカビは「黒カビ」です。
壁や床のタイルの目地によくできます。
繁殖力が強い黒カビは、喘息やアレルギーの原因になるとされています。
見た目が悪いだけではなく、健康にも悪影響を及ぼす悪いやつです。



■どうしてお風呂でカビが増えるの?

同じ家の中なのにカビが増える場所と増えない場所がありますよね。
どうしてお風呂でカビが増えてしまうのでしょうか?

 

カビの増殖3条件は、

「温度(20~30℃)」「湿度(70%RH以上)」「栄養分(皮脂汚れや垢)」

といわれています。

3つの条件を満たすお風呂は、カビのパラダイスなのです。

3条件


ちなみに、お風呂で時々見かけるピンク色のヌメリ。nume
この正体はカビではなく酵母です。

こすれば簡単に落ちますがカビの栄養になるので早めにお掃除しましょう。

 

 



さぁ、いよいよお風呂のカビそうじをはじめます!!
と、その前に、おそうじで注意したい点を確認しましょう♪

 

 

■お風呂のカビそうじの前に注意したい3つのこと

カビ取り剤は便利ですが、取り扱いには十分注意が必要です。

掃除

①皮膚や目を傷めないように、掃除用手袋、マスク、メガネをつけましょう。

②必ず換気をしながら使用しましょう。 

③ 「まぜるな危険」 塩素系の洗剤は単独で使用しましょう。
酸性タイプの洗剤を混ざると有害ガスが発生するので非常に危険です。
エコ洗剤として人気のクエン酸は酸性なので要注意ですよ!

 

 

 

 

■カビ取り効果がグンとUPする7つのコツ!

では具体的なお風呂のカビそうじのコツをご紹介します!

 

コツ1  皮脂や石けんカスはあらかじめ落とす!
カビの上に皮脂汚れや石けんカスなどがついたままでは、カビ取り剤の効果が十分に発揮できません。
浴室用洗剤を使ってしっかり落としておきましょう。

 あらいあらい

 

 

コツ2 カビ取りをしたい場所は乾かして!

濡れた壁や床ではカビ取り剤が薄まる、密着しにくいなどの理由で
カビ取り剤の効果が半減します。
濡れている時は、水分をふき取ってからカビ取り剤をかけましょう。

 

 

コツ3 カビ取り剤は薄く!

カビ取り剤は、空気に触れることでより効果を発揮します。
山盛りにたくさんかける必要はありません。

 

 

コツ4 垂直面は「横方向」にスプレー!

洗剤は自然にたれてきます。
タイルの目地なら、「横方向の溝」にスプレーすると液が留まりやすくなり、
効果的におそうじができます。

yokosupure-

 

 

コツ5 かけたらこすらない!

カビ取り剤は「ゴシゴシこすらないこと」が鉄則。
カビ取り剤は成分の化学反応によって、カビ組織を分解・漂白して落とします。
きちんと働くように、そのまま待ちましょう。

 

 

コツ6 効果絶大!ティッシュペーパー湿布!

しつこいカビが生えるゴムパッキンなどしっかり効かせたいところは、
ティッシュペーパーなどを使って、カビ取り剤を湿布しましょう。
材質を傷める場合があるので、10分程度おいたら流しましょう。

 

 ティッシュ

 

 

コツ7 45℃以上のお湯をかけて、しっかり乾燥!

週に1度お風呂全体に45℃以上のお湯をかけましょう。

無題45℃以上のお湯をかけるとありとあらゆるカビが死滅するんです!たったこれだけで、カビの発生は防げます。

石けんカスも洗剤いらずで落とせますよ。

 

余裕のある方はタオルやスクイジーで水分を拭き取りましょう。
水分を拭き取るとカビは生えてきません。
お風呂からあがるときにパパッと拭き取るだけでも効果はあります。

 

冷水シャワーで壁を洗うのはNGです!
冷水で流すとカビの胞子が飛び散り逆効果になります。
実際に冷水で流した浴室の空気を培養したところ、
胞子の数がなんと500倍に膨れ上がった実験結果が報告されているんですよ(>_<)

 

 

 

いかがでしたか?
ちょっとしたコツでスッキリお風呂生活楽しんではいかがでしょうか?
それではまた次回。お楽しみに( ´・ω・`)ノ

 

 

 

UNITE HOUSE本部 (株式会社クリエイト礼文) 〒990-2413 山形県山形市南原町2丁目7-39 TEL 023-631-5771 / FAX 023-631-5403