肥料の種類と作用

◎肥料の成分 三要素

・チッソ(N)…

葉肥(はごえ)とも言われ、植物の成長を促進し葉色を濃くする。与えすぎると大きくなる反面軟弱になり、花や実のつきも悪くなる。不足すると…葉色が淡くなり、全体に黄色っぽくなる。草丈や葉も伸びず見た目にも貧弱になる。植物の根の伸長促進効果もある。

・リン酸(P)…

実肥(みごえ)とも言われ、開花や結実を促進する。不足すると…生長が悪くなり、開花や結実数が少なくなる。日光不足に対する耐性や耐暑性、耐寒性を増す。

・カリ (K)…

根肥(ねごえ)とも言われ、根を丈夫にする。不足すると…根の生長や葉色が悪くなり、環境の変化や病害虫に対する抵抗力が弱ります。

 

三要素の使い分け(成分の比率)によって花の成長度合いが違う。

その他、マグネシウム(Mg)、カルシウム(Ca)、硫黄(S)、鉄(Fe)、マンガン(Mn)、ホウ酸(B)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、銅(Cu)、塩素(Cl)


●有機質肥料
油粕、骨粉、魚かす、鶏ふんなど、動植物を原料とした肥料。天然物のため一般に成分の含量は低く、土中の微生物によって分解されてから効くため、ゆっくりと長く効く緩効性である。また、三要素以外にも、微量要素など様々な有用成分を含み、地力を高める働きがある。

●無機質肥料
尿素、過リン酸石灰、硫酸カリなど、鉱物や石油などを科学的に反応させてつくった肥料で、化学肥料とも呼ぶ。一般的に速効性で、三要素のうち不足する成分だけを単独で与えることもできる。家庭園芸では成分が急激に溶け出さないように加工した緩効性のものが多く使われる。

●複合肥料
有機質肥や無機質肥料を原料として作られた肥料で、家庭園芸では「配合肥料」や「家庭園芸用複合肥料」、「化成肥料」などが一般的。配合肥料は一般的に有機肥料を無機肥料を配合したものである。家庭園芸用複合肥料や化成肥料には、液体、粒剤、錠剤、スティック状などの多くの肥料がある。即効性や緩効性など効き方も様々なので表示をよく読む必要がある。いずれも三要素を含み、目的ごとの製品があり使い分けできる。

元肥は苗や種を植え付ける前に、肥料を土に混ぜ込んだり、土に穴をあけて肥料を埋めたりという作業。
追肥は植物の葉色が悪くなったり、全体的に元気がなくなってきたときに即効性のある液体肥料や緩効性の錠剤の肥料を植物に与えること。お礼肥は開花後や果実の収穫後に施す肥料のこと。