実践編

 

花壇や鉢の植え込みには、単品植えと寄せ植えの2種類があります。

単品植えの場合、単品単色か単品多色かによってもイメージが変わります。

単品植えの場合、統一感がでてぱっと目を引くことが多いです。

寄せ植えの場合はナチュラル感、ボリューム感、立体感がでます。

植物を植えるときは、株の広がりや背の高さをある程度把握しているとプランニングが楽になります。

植えたい場所、鉢の大きさと株の大きさをしっかり考えて植えましょう。

株の広がり具合などは園芸店のスタッフの方に聞くと丁寧に教えてくれます。

寄せ植えの場合はメインになる植物を先に決めてしまうことが肝心です。

メインを決めてそこから寄せ植えのイメージをしっかりと組んでいきましょう。

単品植えの場合は植える花の色がポイントになってきます。単品多色もメインの色を決めてからほかの色とのバランスを考えましょう。