UNITE HOUSE

Case study house トップ

#21 米沢市万世町片子展示場(期間限定)

ルーバーで見せると隠すを両立。朝日連峰の借景を取り入れた家。

対象地は米沢市の南東部に位置している。南北に走る国道13号線と山形新幹線の間に位置し、交通のアクセスは非常に良い。幅員6mの北道路が接道した不整形地であり、南側には交通量の多い幹線道路が走っている。不整形地を余すことなく有効利用するため、大胆にもルーバーの壁で南北に土地を2つに区分し、南側に大きく家庭菜園を配置することとした。このルーバーは幹線道路からの視線を切る役割もになっている。西側には駐車スペースを大きくとりその先に視線が抜けるため、ルーバーやフェンスで視線を切ることはせずに開放感を持たせた。ルーバーを巧みに使い、「見せると隠すの両立」を叶えた家となった。

展示場

米沢市万世町片子601-6

お問い合わせ

Case study houseおよびユニテハウスに関するお問い合わせ、資料請求、ご来店予約は、メールフォームまたはお電話で下記にてお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

来店ご予約

お電話でのお問い合わせ

ユニテハウス山形 0120-31-6774
ユニテハウス仙台 022-343-9252

loading