2×4工法

 1601concept13

 

 

 

01concept14日本の住宅は”軸組工法”いわゆる在来工法が主流でしたが、震災を経験するたびにツーバイフォー(2×4)工法が注目されています。東日本大震災では全壊約127万830戸、半壊を含めた一部損壊が約102万4709戸※1以上でした。この壊滅的な状況下でさえ、ツーバイフォー住宅に大きな被害はありませんでした。被災地のツーバイフォー住宅のうち95%が特に補修をしなくても持続して居住可能な状態を保ったことが報告されています※2。その強さの秘密は、床・壁・屋根が一体となったモノコック構造。地震の揺れを建物全体(6面体)で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮できます。
さらなる強度を追及する”ために、「ツーバイフォー工法」が今もっとも注目されているのです。
(※1)2015年3月10日現在 警察庁発表
(※2)一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

スペーサー

 

 

1601concept01 1601concept02 1601concept031601concept04 1601concept05 1601concept06