UNITEHOUSE

100年使える
シンプルデザインの「箱の家」

- ユニテハウスブログ -

ユニテハウス各店の見学会やイベント情報を発信!

ユニテハウス山形
山形県山形市

箱の家を育てる暮らし

2018年12月26日



今回取材したのは、ご夫妻に小学3年生の息子さんとわんこがいる大隅様ファミリー。来年2月にはもう1人ご家族が増えるご予定。

当初は小学校も大型商業施設もなかった山形市みはらしの丘ですが、お子様の成長とともに育っていった町と家。暮らしの楽しみが尽きないユニテハウスをご紹介します。

 

オープン当初の芸工大前展示場と出会い・・・


ユニテハウス芸工大前展示場がオープンした当初のこと。大隅様ご夫妻は箱型の家が気になり、実際に見学してみることに。北欧調のイケア家具がフィットした内装に、外からはわからない広々とした空間。家という概念に縛られていないつくりに惹かれ、新築計画がスタートしました。それはちょうど、アパート住まいのときにお子様が生まれ、「子供が大きくなってからの引っ越しは学区が変わって大変かな?」と、思っていてたときの出来事でした。

 

箱型だからカスタマイズできる




ご主人は仕事で端材をもらうことが多く、椅子や玄関ドアのシートまで全て自作。揃った道具と玄人の腕と知識でカスタマイズ。当たり前のクオリティーの高さに、まわりからは羨む声がちらほら。



キッチンの天板まで白い内装は奥様のこだわり。おしゃれにコーディネートされたLDKのセンスが光ります。デザイン、色、素材、形、全部にこだわったお気に入りのファッションのようなお家です。

 

街とともに成長していく子供達


「みはらしの丘は子育てに最高にいい場所です」

大隅様邸が完成した頃、土地だった場所が多かったみはらしの丘にだんだんと家が増え、ご近所の子供達は同級生ばかり。町とともに子供達が育っていきました。大型商業施設も近くにできて、生活のしやすい町になりました。道路は交通量が少なくて、安心です。そのため、早くから自転車に乗る練習ができ、幼稚園のときには補助輪が外れたそうです。



 

良い暮らしに合っていく




「シンプルな箱型のユニテハウスが私たちの生活に合っているので、快適に過ごせています。子供のために人工芝も設置しました。昔は高かったものが今ではリーズナブルな価格で手に入る時代になったので、自分の手でカスタマイズしていく生活をこれからも楽しんでいきます。キッチンを改装する予定なので、また見に来てくださいね。」

 



 

【UNITE HOUSEスタッフより】


ご建築されてから10年が経った大隅様邸。時を重ねて個性あふれる空間にカスタマイズされたユニテハウスを取材させていただき、ありがとうございました。ご主人の趣味が発揮されて成長してくユニテハウスが私たちも楽しみです。これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

資料請求はこちらから-
ページトップへ戻る