シリーズ【ユニテを創る匠たち】第2回

12月からはじまりまりました、新企画【ユニテを創る匠たち】

ユニテハウス建築に関わる様々な分野の「匠」にスポットを当て、一人一人にお話をお聞きし、

それぞれの視点からユニハウスのことを深く掘り下げてお伝えします。

 

第2回の本日はユニテハウスのフレーミングを担当している、

クリエイト礼文 フレーミング課 秦聡史さんにお話を伺いました。

 

  秦さん作業中2

 

 

 

 

 Q1.今の仕事に携わって何年になりますか?

 

A1.クリエイト礼文に入社して、11年目になりました。

前職も建築の仕事を4年ほどしていたので、かれこれ15年建築の仕事をしています。

 

  秦さん作業中

  

 

 

Q2.主な仕事内容を教えてください。

 

A2.朝は5時~6時に起き、現場へ7時半集合します。

フレーミングチーム9名(みんなクリエイト礼文の社員)で作業します。

フレーム工場で作られたパネルを持ち込み、クレーンで吊り上げ、

釘で固定していきます。

一日一棟、一週間で四棟ペースで上棟しています。

 

  秦さん作業中4

 

 

 

Q3.一番気を付けていることはなんですか?

 

A3.仕事で一番気をつけていることは、安全です。

高所での作業、特に冬場は雪で足元も滑りやすくなるので注意しています。

現場が無事故であってこその私たちの仕事ですからね。

 

そして周辺への気配りも忘れません。

フレーミングは釘を打ち付けたり、パネルをはめ込んだりと音の出る作業となります。

ですので、早朝や夜遅くまでの作業にならないように、音の配慮は徹底しています。

近隣を綺麗に保つことも忘れません。

作業終了時には、必ず周辺のゴミを拾って帰るようにしています。

  CIMG2091

 

 

 

 

 Q4.仕事のモチベーションを上げる秘訣はありますか?

 

A4.モチベーションは何と言っても家族の存在です。

特に子供達の存在が大きいですね。

女の子が二人と男の子が一人いるのですが、休みの日は100%一緒に遊んでいます。

子供たちの笑顔を見ていると、休み明けの仕事もまた頑張れます。

 

 

 

 

Q5.平成25年度優秀フレーマー賞(一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会主催)受賞おめでとうございます。受賞後のお気持ちはいかがですか?

 

A5.フレーミングの賞を頂いたことで、仕事に自信が生まれました。

これからも技術を磨き、作業のスピードと精確性を向上させていきたいと考えています。

  h25_member

下段、一番左が秦さん。

(一般社団法人 日本ツーバイフォー協会HPより http://www.2x4assoc.or.jp/builder/act/approval/approval02.html

 

 

 

 

Q6.フレーミング作業で大事にしていることはなんですか?

 

A6.何と言っても、早さです。

天候が悪い日には中をなるべく濡らさないように、早くて正確な作業を心がけています。

ユニテハウスの箱型総二階建ての構造は、フレーミングを素早く行えるという面で合理的な形です。

そしてツーバイフォーは、建てる私たちとしては在来工法よりも作業しやすいんですよ。

ただ作業がしやすいだけではなく、そのおかげて早いスピードでの上棟が可能になり、

結果的にそれが低コストへとつながっているのです。

アパートの家賃並みのローン金額で住まえるユニテハウスの秘密は、ここににもあると思います。

  CIMG1010

 

 

 

 Q7.仕事で苦労する場面はありますか?

 

A7.外での作業なので、天候に左右されます。悪天候で作業を中止するときは年に一度か二度あります。

豪雪だった去年は特に苦労しました。

敷地が狭い現場も苦労することがあります。

重機がうまく入れないときなどは、工夫しながら作業を行うので少し時間がかかってしまいます。

 

 

 

Q8.秦さんの目標やお客様へ対する想いを聴かせてください。

 

A8.ユニテハウスに住んでいただいたお客様が、最高に喜んでもらえる家づくりを目指しています。

フレーミングを行う一職人の目から見て、

ユニテハウスは家族の夢を叶える家であることは間違いないと思っています。

みんなの幸せの為に、私たちはこれからもユニテハウスを上棟して行きます!

   秦さん作業中3

 

 

 

家族思いだからこそ、お客様の幸せを心から願うことが出来る、秦さんでした。

次回もユニテを創る匠の仕事に密着取材してまいります☆お楽しみに~♬

 

 

 

※フレーミングの様子は「りえちゃんの現場」も参考にしてくださいね(●^o^●)

第3回「足場組み、床組み、床敷き」http://bit.ly/1flDvMf

第4回「フレーミング」http://bit.ly/1flEsnU